英語学習

『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』効果アップ3つのコツ

【英語初心者】がゼロから「英語上達完全マップ」でTOEIC900点に到達できるか挑戦中のうったんです。

2022年1月8日から本格的に学習を開始。

約1ヶ月で、中学英文法の基礎固めが終了しました!

いよいよ森沢洋介さんの代名詞とも言える瞬間英作文に取り組む準備が出来ました!

うったん
うったん
待ちに待った!瞬間英作文デビュー!!

と、その前に浮かび上がるさまざな疑問

うったん
うったん
瞬間英作文って何?やり方は?本当に効果はあるの?

今回は瞬間英作文の疑問を解消しつつ、効果アップの3つのポイントを紹介します!

瞬間英作文とは反射的に英文を話すためのトレーニング

中学英文法だけ・・をいくら勉強しても 

いざ、英語で話そうと思ったとき、なぜか話せない。

知っている英文なのに、なぜか口から出てこない。

そんな経験ありませんか?

英作文回路を作る

瞬間英作文は「わかっている」を「できる」にかえるためのトレーニング。

いわば英語の瞬発力を高めるための筋トレのようなものです。

「えーっと」、「うーんっと」、沈黙、、、、が続くと会話がとまり相手も困ってしまいます。

(まるで打ち返せないボールのように)

「瞬時に英文が口から出てこない」のは、なぜ?

単純に話す練習が足りないからです。

英文法は完璧にわかる。でも話せない状態

走り方の勉強

いくら走り方を本で学び、完璧にわかったとしても

実際に体を動かし、走るためのトレーニングをしなければ

絶対に走ることはできません。

やり方だけ知っていても、トレーニングなしでは運用できない

社会人5年目に人生初のフルマラソンに挑戦しました。

当時は運動もまったくしておらず

うったん
うったん
走り方、忘れた、、、

という状態からのスタートでした。

まず、ジムでのトレーニングと並行し、走り方の本も数冊読みましたが

さすがに本を読んだだけでは走れるわけもなく

歩くことからはじめ徐々にランニングに移行。

トレーニングを通し体で覚えていきました。

そして、ようやくフルマラソンに参加できる状態になり

無事、完走することが出来ました。

フルマラソンに挑戦

英会話もマラソンに似ています。

今はまだ歩いている状態かもしれませんが、継続すれば走れるようになり

そのうちフルマラソン完走できるようになると信じています。

小さな積み重ねが大きな力になる!

瞬間英作文の具体的なやり方

瞬間英作文

出典:ベレ出版どんどん話すための瞬間英作文トレーニング 立ち読み画像

中学英文法をマスターした方なら、単純な文章だと思います。

難しい文章だと瞬時に英作文するの難しくトレーニングにならないから。

  1. 左ページの日本語を瞬時に英作文
  2. 右ページの英作文とあっているか確認
  3. 正しい英作文を見ながら口になじむまで何度も繰り返す
理解している文型で英作文
肝心なのはスピードと量
トレーニングを続けることで英作文の回路が出来てくる

実際のトレーニング音声

瞬間英作文

出典:ベレ出版どんどん話すための瞬間英作文トレーニング 立ち読み画像

先程のwill(依頼)を、うったんが瞬間英作文トレーニングしている音声です。

日本語のあとに、瞬時に英作文します。

英文は口に馴染むまで何度も繰り返します。

苦手な英作文だと何十回繰り返すこともあります。

完璧に仕上げる

中学1年レベルの文型が収録されているパート1に取り組む場合

  1. 1 this / that から順に瞬時に正しい英作文にするトレーニング
  2.             

  3. 1 this / that から 23 There is(are)~ までを1サイクル
  4.             

  5. 10サイクル繰り返す

各パートごとに収録されている文型

パート1 中学1年

1 this / that
2 these / those
3 What is(are)~ ?
4 人称代名詞の主格
5 人称代名詞の所有格  ★もっと見る

6 Who is(are)~ ?
7 一般動詞
8 how many(much)~
9 人称代名詞の目的格
10 人称代名詞の独立所有格
11 命令文 / Let’s ~
12 whose
13 where
14 when
15 which
16 it
17 What time ~ ?
18 how
19 How old(tall)~ ?
20 疑問詞主語の who
21 can
22 現在進行形
23 There is(are)~

パート2 中学2年

1 過去形
2 過去進行形
3 when 節
4 一般動詞の SVC
5 SVO+to(for) ★もっと見る

6 SVOO
7 will(単純未来)
8 will(意志未来)
9 will(依頼)/ shall(申し出・誘い)
10 be going to
11 must / may
12 have to
13 be able to
14 感嘆文
15 不定詞―名詞的用法
16 不定詞―副詞的用法(目的)
17 不定詞―副詞的用法(感情の原因)
18 不定詞―形容詞的用法
19 動名詞
20 原級比較
21 比較級― er 形
22 最上級― est 形
23 比較級― more
24 最上級― most
25 比較級―副詞
26 最上級―副詞
27 比較級、最上級を使った疑問詞の文
28 現在完了―継続
29 現在完了―完了
30 現在完了―経験
31 現在完了進行形
32 that 節
33 受身― 1
34 受身― 2

パート3 中学3年

1 従属節を導く接続詞― 1
2 従属節を導く接続詞― 2
3 間接疑問文
4 疑問詞+to 不定詞
5 形容詞の it  ★もっと見る

6 SVO+to 不定詞
7 SVOC
8 現在分詞修飾
9 過去分詞修飾
10 関係代名詞・主格(人)
11 関係代名詞・主格(人以外)
12 関係代名詞・所有格 whose と of which
13 関係代名詞・目的格(人)
14 関係代名詞・目的格(人以外)
15 先行詞を含む関係代名詞 what
16 too~to…
17 enough~to…
18 so~that…
19 原型不定詞・知覚
20 原型不定詞・使役
21 関係副詞・where
22 関係副詞・when

瞬時に英作文にできなかった場合はすぐに正しい英文を確認し覚える

間違った英作文を覚えないように注意。

各、文型ごとに一字一句、正確に瞬時に英作文できるまで

何度も繰り返します。

各パートごとに10サイクルほど繰り返し

スピードと正確性をあげていきます。

完璧に英作文できるようになったらCDを使ったトレーニングへ移行

どんどん話すための瞬間英作文トレーニングには音声CDが付属になっています。

完全に英文を自分のものにしたら、あとはひたすらサイクル回し。

わたしはオフィスへの往復の移動時間に、このCDを使い

スキマ時間に思う存分トレーニングしています。

パート1 中学1年レベル、パート2 中学2年レベル、パート3 中学3年レベル。

CDが2枚という関係上、パート3がキレイに分割されていないため

iTunes

わたしはこのようにごとにパートと3分割し、リピート再生で使用しています。

日本文→ポーズ→英文

数秒間のポーズの間に瞬間英作文。

このようなペースで進めています。毎日2時間。
パート1    1週間
パート2前半    1週間
パート2後半    1週間
パート3前半    1週間
パート3後半   1週間

よく間違えるところだけ集中トレーニングを行っています。

『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』各パートの完成方法【英語初心者】がゼロから「英語上達完全マップ」でTOEIC900点に到達できるか挑戦中のうったんです。 2022年1月から約1ヶ月...

まとめ『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』効果アップ3つのコツ

  1. スピード
  2. 10サイクル繰り返す

しっかり10サイクル続けることで文型が強固なものになります。

英文法のパターンプラクティスになるので頭で考えなくても

自然に口から英文が出るようになります。

瞬間英作文の効果有無はやり方次第

著者が紹介している正しい方法にそってトレーニングを続けることで

英作文の回路ができあがります。

だんだん慣れてくると、数秒間のポーズがとっても長く感じるようになります。

日本文→ポーズ→英文 (数秒間のポーズの間に瞬間英作文)

まとめ 

『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』効果アップ3つのコツ

  1. 英作文化スピード
  2. 10サイクル繰り返す

ABOUT ME
うったん
はじめまして!うったんです。 会社の海外進出のため、英語が必要になりました。 英語を勉強する明確な理由ができた今。 勉強内容をブログに記録することでモチベーションにしようと考えました。 わたしは過去に何度も英語勉強を途中挫折した苦い経験があります。 挫折理由のひとつに「自分の成長度合いがわからない」不安がありました。 その挫折理由を踏まえ、今回はわかりやすい目標を設定することにしました。 目標はTOEIC900点です。 TOEICの点数で成長度合いを計測していきます。 このブログでは森沢洋介さんが開発した勉強法「英語上達完全マップ」を実践。 「英語上達完全マップ」はゼロからTOEIC900点レベルに到達するまでの効果的な勉強法が具体的に本の中で紹介されています。 別な言い方をすると、本の内容を完全に実行したらTOEIC900点に到達します。 英語上達完全マップを信じて、TOEIC900点に到達する様子をブログで公開。 ◤自己紹介の全文を見る>>◢